客先常駐を辞めるターニングポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

客先常駐は30代前半まで

IT業界の請負構造として、自社に社員として雇用された上で、二次請け・三次請けとして客先に出向・常駐し働くスタイルがあります。これらを一般的に「多重請負」とも呼んだりします。
職務内容として一般的な派遣社員と変わりませんが、プロジェクトの解散などで仕事がなくなった際も自社に籍があるので、給与は保証されるというのがメリットのひとつです。
しかし、ある説では30代前半を過ぎるとプロジェクトに採用されることが難しくなり、継続的にキャリアを磨いていないとプロジェクトに参画することすら難しくなってきます。
また、会社にとっても出向で稼げないエンジニアはお荷物でしかなく、不要になれば真っ先に首を切られる対象となります。

40歳以上になると客先常駐といえども受け入れ先が非常に少なくなります。マネジメント経験も無く、20代の若手と同じ仕事しかできないなら、単価が安くて健康な若いSEを雇いたいというのが会社側の本音です。受け入れ先が無い場合は自社で待機することになりますが、その期間が長引けば長引くほど、リストラされる可能性が高まります。
SE転職ちゃんねる

客先常駐にもメリットはある。

自社で完結仕事ではなく、他社(顧客先)に常駐することにより、規律を守ったり、他社のエンジニアと比べられることにより切磋琢磨する、またコミュニケーション能力といったものを鍛えられます。
また、プロジェクトにはその道の第一線を走る人物が参画している場合もあり、上手く教えを請う事により自身のキャリアアップに繋がることもあります。

転職先は「自社サービス」か「プライム案件」のある会社へ

もし、どこかで客先常駐案件中心の仕事に見切りをつけて転職を考えられているのであれば、自社サービスを展開している企業か、プライム案件(一次請け)を扱う企業を選ぶと良いでしょう。
いずれも客先常駐は少ない傾向にあり、また会社により差はありますが儲かっている企業が多く、現在より高収入が狙える場合が多いです。
また、自社でのキャリアアップの為の教育体制が整っている場合もあり、将来のキャリアを定めることが可能です。

客先常駐を辞めたい転職希望者は多い

IT業界以外でもプログラマやシステムエンジニアといった求人は多く、これまで現場で培ったスキルや経験は決して無駄にはなりません。
しかし、年齢を重ねすぎるとスキル見合いで選考から外れてしまう場合も多く、30代前半をメドに転職を考えると良いでしょう。

おわりに

テレビなどでは「偽装請負は悪」といった通説が流布していますが、実際現場のエンジニアにとっては一概に悪とはいえないのではないでしょうか。
しかし、現場によっては人間扱いされない現場もある事も事実であり、その環境で生き抜く術が無いエンジニアは必然と転職を考えることとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。