客先常駐と派遣の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一見同じことをしていても、契約内容によって違う。

客先常駐と派遣と聞いて、業務の実態は同じではあるのですが、なんとなく格差を感じてしまいますよね。
派遣については、いわゆる労働者派遣法に基づく「一般派遣」にカテゴライズされており、客先常駐については契約内容により「特定派遣」「業務請負」「偽装請負」と3種類に分別することができます。

一般派遣とは

一般派遣とは、派遣会社から労働力を提供し、現場では顧客の指示を仰ぐ業務形態です。
派遣会社は労働者派遣法にもとづき、必ず厚生労働大臣の許可が必要になります。

特定派遣とは

特定派遣とは、同じく労働者派遣法にもとづく「特定労働者派遣事業(16条派遣)」となり、派遣元企業に常時雇用される労働者を他社に派遣する仕組みです。必ず厚生労働大臣の届出が必要になります。
また、2013年年末に特定派遣事業を廃止する方針が厚生労働省から発表されています。
自社社員の労働力を提供し、現場では顧客の指示を仰ぐ業務形態です。

業務請負とは

業務請負とは、下請法に基づく契約の一種です。
自社から成果物を提供し、現場では自社の管理者の指示を仰ぐ業務形態です。

偽装請負とは

偽装請負とは、請負でありながら自社社員の労働力を提供し、現場では顧客の指示を仰ぐ業務形態です。

請負か派遣か

まず第一に、請負か派遣か、の違いがあります。
請負の場合、時間外手当などは発生しませんが、ソフトウェア・システム・ドキュメント等の成果物をコミットします。
一方、派遣の場合、労働力そのものの提供となるので、一般的には時給であったり人工(ニンク)といった考え方で計算します。よって、時間外手当も計算に入ります。

偽装請負が違法なポイント

偽装請負の場合、労働力を提供している前提で、請負契約をしている点が挙げられます。
これにより、時間外労働については都合よく「請負契約」で丸め込み、現場では顧客の指揮下に入る事で「派遣」を実現させています。
このため、派遣事業と何ら変わらないことから、違法性を指摘されています。

おわりに

一概に「派遣」「常駐」とはいえ、これだけ種類があるとは驚きですよね。
もちろん契約上の問題なので、なかなかクリアにしづらい部分もあるかとは思いますが、参考にして頂けると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。