客先常駐エンジニアがチェックする将来のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

客先常駐は35歳を過ぎるとマッチングしなくなる

スキル見合いで見た時、スキルがあり若い人ほど安い為採用されていきます。
よって、ある説では35歳を過ぎると受け入れ先がマッチングしなくないり、客先常駐は難しいと言われています。
しかし、世の中には様々な会社もあり、当然良い企業もある為、いくつかのチェックポイントをご紹介します。

客先常駐と併せ、自社開発・請負・受託などの案件をこなしている企業

客先常駐では、顧客先の技術であったりマネジメント力に依存しますが、それとは別に自社内でそれらを完結できているか、という点になります。
これにより、客先常駐の案件が終わったとしても、自社開発の案件へシフトする事により、エンジニアとして長く働く事ができる為です。その為、自社に出戻った時に何かしらポジションがあるかどうかは重要なポイントといえるでしょう。

自社開発メインの企業

客先常駐メインの企業の場合、自社には数人しか残っておらず、ほとんどは自社に席すら無く客先に常駐している場合が大半です。
逆に、自社開発メインの企業の場合、自社に少なくとも開発エンジニア分の席は存在する為、多少の出戻りがあった場合にもすぐに仕事がある状態になりやすいです。

上司にあたる人物がエンジニア寄り

上司にあたる人物が、派遣営業・派遣コーディネータといった役回りの場合、「人月工数が埋まれば良い」と考えがちです。
一方、技術寄りの人物の場合、自身で要件定義や設計書の作成・実装といった部分を理解している故に、トラブルの際に非常に助けになってくれます。

上流工程(システムエンジニア・プロジェクトマネージャ)の経験が積めるかどうか

客先常駐の仕事で、システムエンジニアやプロジェクトマネージャといった上流工程の経験を積めるかは重要なファクターです。
これらは案件の中で、まずは要件定義を把握する所から始まりますが、20代で単純なテストエンジニアであったりプログラマといった役回りを続けた場合、キャリア的にそれ以上の成長を見込める事ができません。
また、30代になってくると、同じ会社のエンジニアの指揮をとったり、顧客と打ち合わせをして要件を取りまとめる、といったスキルも必要になります。

偽装請負や多重派遣といったグレーゾーン案件に関わっていないか

客先常駐は良い案件ばかりでもなく、偽装請負や多重派遣といったグレーゾーン案件であふれています。
これらの場合、客先で過酷な労働を強いられる割には、スキルが身につかない場合が多く、給与も低い事が挙げられます。
また、そういった企業では就業規則上「勤務時間は出向先企業に準ずる」といった表記になっている場合も多くあります。

おわりに

これらを抜け出すには、一次請け企業(プライム企業)であったり、ユーザー企業といったポジションを将来見据えつつ、今何ができるかをじっくり考えたほうが良さそうです。
もしかしたら今の常駐先に何かしら救いがあり、そこから学ぶ事もあるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。