正社員で客先常駐をする意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IT関連の仕事に多いのが、客先常駐という就業のシステムです。
正社員でIT関連会社に就業をしたにも関わらず、仕事を依頼してくる企業で仕事をするという就業形態です。
派遣社員と大差のないような扱いをされることが多いですが、派遣社員のように決められた期間しか就業をすることができない、ということがありません。
期間を決めないで客先常駐で就業をすることもあります。

正社員で入社をしたのに結局やっていることは派遣社員と変わらないともなると、腑に落ちないと思う人も多いです。
しかしそれがIT業界では一般的となっているのです。

客先常駐であれば、中途採用であっても転職であっても採用されやすかったり、キャリアを生かして仕事をすることが出来るのでやりがいを感じることは出来るようです。
しかしやっていることは派遣社員と変わらないので、そこに不満が出てくることがあります。
中には客先常駐を行わずに自社で就業をすることが出来る企業もありますが、そんなには多くはないようです。

せっかくIT関連の知識や技術を持っているのだから、客先ではなく、自社で就業をしたいと考える人は多いでしょう。
その場合には転職を考えたり、異動の申請を行う方法もあります。
異動をしてどのような仕事が出来るのか、自社で仕事をすることが出来るのかということを確認しておく必要があります。

正社員で採用されたわけですから、客先常駐であっても派遣社員とは異なり、退職金も発生します。
健康診断も客先の指定で行うのではなく、所属をしている企業で指示されるので、それに従わなければいけません。

就業が派遣と変わりがなくても、法的な絡みを調べてみると、派遣社員とは異なります。
派遣との大きな違いは、客先常駐であっても 提供するものは成果物なので、労働力ではありません。
ですから客先の正社員は直接作業の指示を出す事が出来ないのです。
派遣の場合には労働力を提供するということになるので、この点が大きく異なります。

気持ちの上では派遣と変わりがないと不満を感じることもあるでしょう。
自社オフィスで仕事がしたいと考えているのであれば、自社にその旨伝えるとよいでしょう。
急に退職をされると客先にも迷惑がかかるので、それは避けたいと考えるのが一般的です。

客先常駐はデメリットばかりではなく、当然メリットもあるので、そのあたりのことを考えてみるとよいです。
自分にとってプラスとなる仕事の仕方なのかどうかも考えてみるとよいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。