客先常駐でSEの仕事をするメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

システム業では客先常駐は頻繁に行われています。
SEの仕事を自社で行うのではなく、実際に客先に行って行うことによって、スムーズなシステム開発を行うことが出来たり、トラブルが生じた場合であっても迅速に対応をすることができます。

顧客側から見てみれば、客先常駐で対応をしてもらうということはとても助かります。
何かあった際に契約をしているSEが駆けつけてくれても、時差が生じてしまいます。
今は専門のシステムにアクセスをすることが出来なければ、仕事をすることが出来ないという企業が多いです。
出来るだけ早くに復旧をしてもらわなければ困るのです。

ですからSEが客先常駐をしてくれると助かります。
SEとして客先常駐をするスタッフ側から考えてみても、システムを毎日触っていれば細かいところまで熟知をすることが出来ます。
その企業のシステムもプロフェッショナルになることが出来ます。
長期間客先常駐をすることもありますが、新しい企業へ客先常駐をすることもあるので、複数の企業のシステムに関してプロフェッショナルになることができ、キャリアを積むことが出来るということにもつながります。
レベルの高いスキルを身に付けることが出来るということになります。

しかしそのようなメリットばかりではありません。
当然デメリットもあります。
客先常駐であれば、周りへの配慮が必要となりますし、対等な関係を築くことが出来るというわけではありません。
複数のSEが同じ企業に客先常駐していれば仲間意識も生まれるかもしれませんが、それが悪い方向に動き、派閥のようなものを作ってしまうこともあります。
SEが1人で客先常駐をしていれば、相談をする相手もいませんし、悩みも1人で抱えてしまうことになります。
居心地も悪くなってしまいますし、その企業の社員との壁を感じてしまうこともあります。
それがストレスになってしまうのです。

トラブルが生じた際にも対応をしてくれる人がいなかったり、自社の社員を守ることを第一に考える企業であれば、客先常駐のSEは疎外感も感じるようになるでしょう。

また収入面も特別高給というわけではありません。
残業をしてもそれがサービス残業となってしまうこともあり、思うような収入を見込むことができないということもあります。

結局は常駐をする客先企業によっても仕事がしやすい、スキルアップできそうだ、ということも変わってくるようです。
常駐をする企業によってやりがいも異なります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。