客先常駐は派遣社員と大差がない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

客先常駐をして就業をするSEの仕事は多いです。
実際に客先でシステムの開発や運用を行ったほうが対応も早いというメリットがあるからです。

正社員で就業をしていても、客先常駐は派遣と大差がないと言われています。
正社員として雇用されているのに、実際には顧客に派遣をされて常駐をするという就業方法は確かに派遣社員と大差がありません。
いつまで客先常駐をして欲しいという明確な期間を定めないことも多いです。

専任で長期間常駐するタイプ、あるプロジェクトのために常駐をするタイプ、親会社や関連会社で常駐をするタイプがありますが、元々就職をした企業のオフィスで仕事をするわけではないので、やはり派遣社員と同じような感覚になるでしょう。

派遣社員の場合には、法律で3年以上同じ部署での仕事をすることが出来ないとされています。
派遣業法の改正によってこの期間も変更される可能性はありますが、3年以上就業をしたい場合には、派遣社員という選択はしないほうがよいようです。
客先常駐であれば、就職をした企業で仕事をすることが出来るわけではなく、客先に行って就業をすることになるので、就職をした企業の仕事の進め方を身に付けることが出来ないということがあります。
その都度、やり方を変えていく必要があるので、大変だと感じる部分は大きいかもしれません。

就業先である客先を転々とすることもあります。
いつまで経っても落ち着いて仕事をすることが出来ないということもあります。
派遣社員であっても同じような状況に陥ることがあるので、その点では客先常駐と派遣社員というのは似ているかもしれません。

見た目には大差がありませんが、客先常駐であれば正社員となるので労働基準法を遵守しなければいけません。
派遣社員であれば、派遣業法と労働基準法の両方を守らなければいけないので、正社員とはまたちょっと違ってくる部分もあります。
もしも客先常駐をすることが精神的にもに期待的にも出来ないのであれば、それは自己責任とはならず、自社のオフィスでの勤務をするということ考えてくれるところもあります。

客先常駐となれば、正社員の就業と感じることが出来なくなってしまうこともあります。
最初は理解をしていても、段々おかしいと感じることも出てくるでしょう。
中には偽装請負を隠すために客先常駐を行っているような企業もあります。
偽装をしていることを隠すために客先常駐を行うようなこともあるので、十分に注意をした上で就業をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。